×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東野圭吾

【BOOKS】手紙


内容紹介
本格推理から学園ミステリー、パロディー小説や絵本など、さまざまな作風で読者を魅了しつづける著者が、本書でテーマに据えたのは、犯罪加害者の家族。犯罪が、被害者や加害者だけではなく、その家族にまで及ぼす悲しい現実を見据えた意欲作である。殺人犯の弟という運命を背負った高校生が成人し、やがて自分の家族を持つにいたるまでの軌跡を、大げさなトリックやサスペンスの要素を用いることなく、真正面から描ききっている。

   武島直貴の兄・剛志は、弟を大学に入れてやりたいという一心から、盗みに入った屋敷で、思いもかけず人を殺めてしまう。判決は、懲役15年。それ以来、直貴のもとへ月に1度、獄中から手紙を送る剛志。一方で、進学、恋人、就職と、つかもうとした人生の幸福すべてが「強盗殺人犯の弟」というレッテルによって、その手をすり抜けていく直貴。日を追うごとに、剛志からの手紙は無視され、捨てられ、やがて…。

   1999年に刊行された『白夜行』以降、著者は『片想い』 『トキオ』など、連載小説という発表形態を通じて、読み手を飽きさせないだけのストーリーテリングの実力を確実に身につけてきた。新聞連載された本書も、バンドデビューや窃盗事件などの出来事を積み重ね、そのつど揺れ動いていく直貴の心の危うさを巧みに演出しながら、物語を引っ張っていく。しかしながら読み手は、たえず居心地の悪さを感じずにはいられないだろう。なぜなら、直貴に向けられる差別は、私たち自身の中にも確実に存在するものだからである。「差別や偏見のない世界。そんなものは想像の産物でしかない」と言い切る直貴の言葉が、ずっしりと心に響く。(中島正敏)

内容(「MARC」データベースより)
兄は強盗殺人で服役中。その時、弟は…。断ち切られた兄弟の絆。希望なき世界を彷徨う人生。いつか罪は償われ、傷は癒されていくのだろうか。『毎日新聞』日曜版連載、待望の単行本化。





メルマガ登録・解除
特選&趣味の厳選情報サイト 月夜の桜 メールマガジン
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
新鮮な情報をお届けしています。
ぜひ、登録をお願いします!!


←前の履歴に戻ります

←TOPに戻ります

BOOK作品LIST 出版元/発売年 区分 備考
放課後 講談社/1985 長編 第31回江戸川乱歩賞受賞作品
卒業-雪月花殺人ゲーム- 講談社/1986 長編 加賀恭一郎初登場
白馬山荘殺人事件 光文社/1986 長編  
学生街の殺人 講談社/1987 長編 第41回日本推理作家協会賞(長編部門)候補作
11文字の殺人 光文社/1987 長編  
魔球 講談社/1988 長編 第30回江戸川乱歩賞候補作
香子の夢-コンパニオン殺人事件- 祥伝社/1988 長編 『ウインクで乾杯』に改題
浪花少年探偵団 講談社/1988 連作 筆者初の大阪弁作品
十字屋敷のピエロ 講談社/1989 長編  
眠りの森 講談社/1989 長編 加賀恭一郎が刑事として登場
鳥人計画 新潮社/1989 長編 第11回吉川英治文学新人賞候補作
殺人現場は雲の上 実業之日本社/1989 連作  
ブルータスの心臓 光文社/1989 長編  
依頼人の娘 祥伝社/1990 連作 『探偵倶楽部』に改題
宿命 講談社/1990 長編 ドラマ化
犯人のいない殺人の夜 光文社/1990 短編  
仮面山荘殺人事件 徳間書店/1990 長編  
変身 講談社/1991 長編 映画化
回廊亭の殺人 光文社/1991 長編 『回廊亭殺人事件』に改題
交通警察の夜 実業之日本社/1991 連作 『天使の耳』に改題
ある閉ざされた雪の山荘で 講談社/1992 長編  
美しき凶器 光文社/1992 長編  
同級生 祥伝社/1993 長編  
分身 集英社/1993 長編  
浪花少年探偵団2 講談社/1993 連作 『しのぶセンセにサヨナラ』に改題
ドラマ化
怪しい人びと 光文社/1994 短編  
むかし僕が死んだ家 双葉社/1994 長編  
虹を操る少年 実業之日本社/1994 長編  
パラレルワールド・ラブストーリー 中央公論社/1995 長編  
あの頃ぼくらはアホでした 集英社/1995 エッセイ  
怪笑小説 集英社/1995 短編  
天空の蜂 講談社/1995 長編 第17回吉川英治文学新人賞候補作
名探偵の掟 講談社/1996 連作  
どちらかが彼女を殺した 講談社/1996 長編 加賀刑事登場
本文には犯人が提示されていない
毒笑小説 集英社/1996 短編  
悪意 双葉社/1996 長編 加賀刑事登場
ドラマ化
名探偵の呪縛 講談社/1996 長編 文庫書き下ろし
探偵ガリレオ 文藝春秋/1998 連作  
秘密 文藝春秋/1998 長編 第52回日本推理作家協会賞受賞
第120回直木賞候補作
映画化
私が彼を殺した 講談社/1999 長編 加賀刑事登場
本文には犯人が提示されていない
白夜行 集英社/1999 長編 第122回直木賞候補作
嘘をもうひとつだけ 講談社/2000 連作 加賀刑事登場
予知夢 文藝春秋/2000 連作  
片想い 文藝春秋/2001 長編 第125回直木賞候補作
超・殺人事件 推理作家の苦悩 新潮社/2001 短編 ドラマ化
サンタのおばさん 文藝春秋/2001 絵本  
レイクサイド 実業之日本社/2002 長編 映画化
トキオ 講談社/2002 長編 ドラマ化
ゲームの名は誘拐 光文社/2002 長編 映画化
手紙 毎日新聞社/2003 長編 第129回直木賞候補作
おれは非情勤 集英社文庫/2003 連作 オリジナル文庫
殺人の門 角川書店/2003 長編  
幻夜 集英社/2004 長編 第131回直木賞候補作
ちゃれんじ? 実業之日本社/2004 エッセイ  
さまよう刃 朝日新聞社/2004 長編  
黒笑小説 集英社/2005 長編  
容疑者Xの献身 文藝春秋社/2005 長編 第134回直木賞受賞作
さいえんす? 角川文庫/2005 科学エッセイ オリジナル文庫
夢はトリノをかけめぐる 光文社/2006 ノンフィクション  
赤い指 講談社/2006 長編 加賀刑事登場
直木賞受賞第一作
講談社/2006 アンソロジー
使命と魂のリミット 新潮社/2006 長編  
たぶん最後の御挨拶 文藝春秋社/2007 エッセイ  
夜明けの街で 角川書店/2007 長編  
ダイイング・アイ 光文社/2007 長編
流星の絆 講談社/2008 長編
ガリレオの苦悩 文藝春秋社/2008 連作
聖女の救済 文藝春秋社/2008 長編
2009/02現在ここまで


←前の履歴に戻ります

←TOPに戻ります